スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

パリ④

2014.02.09(22:19)


2/2
この日の始まりはバスティーユ広場から
pari19.jpg
ここはベルばらファンにとっての聖地。
オスカル様がバスティーユの上に白旗が立ったのを見ながら
先に亡くなったアンドレの元へと旅立つ感動の場所です。
以降当然ながらオスカル様は出てこなくなり
主人公が途中でいなくなってしまう漫画も珍しいですよねw

こちらはオスカル様が立っていたのではないかと思われる広場
pari20.jpg
フランス革命のはじまった場所とも言いますねw

ただここはこれ以外何もなく
朝早い所為もあったのでしょうか、観光客は私たちだけw
私たちも写真だけ撮ったらすぐまた地下鉄に乗りました。


そして次に行ったのはチュイルリー公園
pari21.jpg
今ではとってものどかな公園になっていますが
革命的にもベルばら的にも凄く重要な場所です。
当時はチュイルリー宮が建てられていて
その前に集まっていた国王軍に市民が石を投げ
それに対し軍が発砲した事から暴動が勃発。
そこに駆け付けたオスカル様は
それまでずっとアントワネット様に誠実に仕えていましたが
ここで市民側につくとういう重大な決断をした場所です。
そしてその時アンドレが銃に撃たれ亡くなるという悲しい場所でもあります。
またバスティーユ襲撃後
国王一家が始めに幽閉されたのもチュイルリー宮
その後更にうつされたタンプル塔の跡がこの池らしいです。


ここで一旦ベルばらを離れ池の先に見えるオルセー美術館へ
これがもっと近くに来た写真
pari22.jpg
セーヌ川を越えればすぐ
因みに私たちの行った第一日曜日は美術館無料の日で
ラッキーでした(^^♪

この美術館はもともと駅だったところを改装していて
美術品は写真撮影禁止ですが
建物はOKらしくちゃんとスポットが用意されていました。
pari23.jpg
写真で見ると駅にしか見えませんねw

でも時計の裏側はいい感じ?
pari24.jpg

ここは隠れスポット
pari25.jpg
近づくと大きすぎて全体を見るのが難しいルーブル美術館もここからはよく見る事ができました。

モンマルトルの丘もここから綺麗に見えます。
pari26.jpg

美術館としても
ルーブルをちゃんと見ようとしたら1日ではとても無理ですが
オルセーは丁度いい感じかなって思いました。


オルセーの後は再びチュイルリー方面に戻り
パレロワイヤルへ行こうとして
途中ジャンヌダルク像を発見
pari27.jpg
15世紀くらいまではここに城壁があったらしいです。

で、肝心のパレロワイヤルの場所はよくわからず^_^;
疲れてもきたのここで休憩を兼ね昼食をとりました。



パリ⑤へ続く




旅行 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。